サントリー「極の青汁」(きわみのあおじる)

「極の青汁」は、「サントリー」が「素材」、「品質」、「おいしさ」のすべてにこだわってつくった青汁です。

国内で生産された「大麦若葉」や「明日葉」を使用しているため、安心して飲むことができ、味も主原料が「大麦若葉」のため「ケール」特有の青臭さが少なく、仕上げに、宇治産煎茶と抹茶を使うことで、さらに飲みやすい青汁になっています。

素材、品質、おいしさ。そのすべてにこだわったサントリーの「極の青汁」。 素材の豊かな栄養を、確かな品質でお届けします。

 

◆「極の青汁」は、こんな人にお勧めです

  • 野菜不足が気になる方
  • 食生活・栄養バランスが気になる方
  • おいしい青汁で毎日をスッキリと過ごしたい方
  • 食べ物の好き嫌いが多い方
  • 健康なカラダを保ちたい方

◆日本人の野菜不足事情

日本人の野菜不足を解消するために、野菜の摂取量だけでなく、野菜の「質」にこだわって生まれたのが「極の青汁」です。
厚生労働省が推奨する野菜の摂取量は、1日350g。

この野菜を食事で摂るとすると、小皿5皿分の生野菜に相当します。

さすがにこの量の野菜を毎日の食事で摂り続けるのは大変なことです。

摂取する量も大切ですが、それ以上に気をつけたいのは、野菜の「質」です。

野菜には、「ビタミン」、「ミネラル」、「食物繊維」などの栄養素が含まれていますが、野菜の大切な栄養素にに野菜ポリフェノール「ケルセチン」があります。

ポリフェノールは、植物が紫外線などから身を守るために持っている大切な栄養素です。そしてその野菜ポリフェノールの代表格がケルセチンです。
このケルセチンを、より体に吸収されやすい「ケルセチンプラス」にというかたちにして、「極の青汁」に加えています。

◆素材へのこだわり

「極の青汁」は、国内で生産された安心の大麦若葉と明日葉を使用しているのでとっても安心です。
◆原料・成分
【主な原材料】
・大麦若葉
・明日葉
・抹茶
・煎茶

◆総評

「大麦若葉」や「明日葉」が原料としているのでとても飲みやすい青汁です。
※青汁の青臭さは、「ケール」を原料にした青汁で感じることが多いと思います。

仕上げに、宇治産煎茶と抹茶を使っているので、お茶感覚で飲むことができるので毎日抵抗なく飲み続けることできると思います。

 

素材、品質、おいしさ。そのすべてにこだわったサントリーの「極の青汁」。
素材の豊かな栄養を、確かな品質でお届けします。

素材、品質、おいしさ。そのすべてにこだわったサントリー「極の青汁」。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。