青汁に期待できる効果

青汁を飲むことで期待できる一番わかりやすい効果は野菜不足の解消です。

厚生労働省が掲げている1日の野菜摂取量の目標値は「350g以上」。

でも、毎日、野菜を350gもとるのはなかなか大変なことです。

350gの野菜を例にすると

ほうれん草なら約1束。
大根なら約1/3/本。
キュウリなら約3本。
カボチャなら約1/3/個。
トマトなら3個。

さすがに毎日これだけの野菜を食事で採るのは簡単なことではありません。

そんなときに活躍するのが青汁なんです。

野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維は、生活習慣病の予防や健康維持に欠かせない栄養素です。
野菜をしっかり採ることで「脳卒中」、「心臓病」などの生活習慣病や「がんの予防」も期待できるのです。

また、野菜は多くの食物繊維をふくんでいるので、腸内環境を整える働きがあります。

腸内環境を整えることで免疫力の向上させる効果がきたいできます。

野菜の摂取がとても重要であることがわかると思います。

コメントは受け付けていません。