ケール

少し前までは、青汁といえば『ケール』を主原料にしたものが大半でした。
世の中の人が青汁にもつイメージ「青臭さ」や「苦味」はケールによるものが大きいと思います。
最近は、飲みやすさを意識して『大麦若葉』や『明日葉』を主原料とした青汁多くなってきていますが、「野菜の王様」と呼ばれる『ケール』もその栄養素はとても有効なものです。

『ケール』の特徴

『ケール』は、アブラナ科 アブラナ属のヨーロッパの地中海地域を原産とするキャベツの仲間です。
和名を「緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)」または「羽衣甘藍(ハゴロモカンラン)」と言います。※甘藍とは、キャベツのことです。

『ケール』は、ヨーロッパではパスタやサラダ、スープなどの食材として一般的に流通している野菜です。主に葉の柔らかい部分が使用され、冬に収穫したものや加熱調理したものは甘みがあり、日本人が持つ『ケール』のイメージとはちょっと違うようです。

『ケール』に含まれている栄養素は?

・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンB6
・食物繊維
・ルテイン
・カルシウム
・メラトニン
・GABA(ギャバ)

 

コメントは受け付けていません。