青汁を効果的に飲むタイミング

青汁は、薬のように飲むルールみたいなものはありません。

起床後の水分補給として飲んだり、食事時に飲んだり、就寝前に飲んだりと自分の好きなタイミングで飲んで構わないんです。

でも、青汁は、飲む目的ごとに、飲むタイミングを変えることで、その効果を最大限に引き出すことができるのです。

ダイエットが目的で青汁を飲む人は、食事の30分前に青汁を飲むことをおすすめします。

食前の空腹時に青汁を飲むことで、青汁に豊富に含まれている食物繊維が満腹中枢を刺激して食欲を抑えたり、血糖値の上昇を緩やかにする効果が期待できるため肥満防止に効果的です。

便秘を解消したい方は、起床後したらすぐに飲むことをおすすめします。

就寝中に失われた水分補給とともに、青汁に豊富に含まれている食物繊維が腸を刺激し腸の動きを活発にしてくれるため便秘解消も期待できます。

健康維持を目的に青汁を飲む人は、青汁を飲み続けることが大切です。

そんな人は、余計なことは考えずに自分の好きなタイミングで飲むことが、ストレスを感じないで青汁を飲み続けるコツです。
そして青汁を飲むいことに慣れてきたら、次のステップとして青汁を飲む習慣をつけることです。
「朝起きた時」、「食事と一緒に」、「お風呂上がりに」、「寝る前に」等、自分のなかで青汁を飲むことを習慣づけてしまうと青汁を長く続けることができます。

自分の目的にあったタイミングで青汁を飲むことがとても大切です。

コメントは受け付けていません。