アンチエイジング

青汁にアンチエイジング効果を持った栄養成分が豊富に含まれていると言うのです。 青汁には、SOD酵素(抗酸化物質)やポリフェノール、ビタミン、ミネラルなど、アンチエイジングに効果的とされる栄養成分が含まれています。 老化の原因には、「活性酸素の増加」、「体内毒素の蓄積」、「ホルモンバランスの乱れ」があります。 ◆活性酸素の増加 人間の体内には活性酸素があります。 活性酸素は

続きを読む

ダイエット効果

青汁は、ダイエットに効果的な食品です。 痩せづらいからだになってしまう原因のひとつとして、栄養バランスの偏りがあります。 栄養バランスのとれた食事を毎日摂り続けることはとても難しいことです。 どうしても、自分の好きなものだけを食べてしまったり、時間がないときは簡単な食事で済ましてしまったり、と体が必要とする、食物繊維やビタミン、ミネラル等の栄養が不足することがよくあります。

続きを読む

美肌効果

シミは美肌の大敵です。 シミの原因として知られるのが紫外線を浴びることで皮膚に生じる活性酸素です。 そんな活性酸素のダメージを緩和すると期待されている物質が、メラノサイトという細胞です。 メラノサイトは、メラニン色素を作っています。 日焼けしたときに肌が黒くなるのは、メラニン色素が酸化することによって肌細胞を守ってくれているからです。 【シミの原因】 メラニン色素は

続きを読む

花粉症などのアレルギー対策におすすめ ファンケルのスッキリケール青汁 乳酸菌&じゃばらプラス

ファンケルが「スッキリケール青汁 乳酸菌&じゃばらプラス」(1箱30本入り/価格4,100円)を 2018年1月19日(金)に通信販売と直営店舗で数量限定発売する。 年々増加傾向にある花粉症の患者。 その要因として、ストレスやスギ花粉の増加といった外部環境の変化のほか、食生活の変化によって栄養バランスが崩れることで免疫バランスも崩れることが、アレルギーを引き起こしやすくする要因として指摘さ

続きを読む

生活習慣病の予防

大麦若葉が原料となっている青汁には、細胞やDNAを活性酵素から守ってくれる「SOD酵素」が多く含まれているため、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病を未然に防ぐ効果が期待できます。 カリウムは、塩分を体外に排出する働きがあるため、血中の塩分濃度が高くなるのを防ぎ、血圧を安定させることができます。 カルシウム不足が続くと、血液中のカルシウムが血管の細胞内に蓄積して動脈を硬くしてしま

続きを読む

コレステロール値を下げる

青汁は、ビタミン類や食物繊維など、コレステロール値を下げる働きがあるとされる栄養素を豊富に含んでいます。 コレステロールは、肝臓で胆汁酸に変換され体外に排泄されます。 この胆汁酸に変換するときに必要なのが「ビタミンC」です。 「食物繊維」により胆汁酸を効率的に体外に排泄することができます。 つまり、「ビタミンC」と「食物繊維」が、コレステロールの体外排泄に役立っているのです

続きを読む

青汁に期待できる効果効能

青汁は、手軽に始められる健康食品としてすっかり定着しました。 青汁は、体に必要な栄養素を簡単に採ることができ、味も飲みやすくなっているため、青汁を毎日の習慣にしている人が増えてきています。 青汁の人気の理由は、期待できる効果効能の多さです。 ・野菜不足の解消 ・美肌効果 ・アンチエイジング効果 ・ダイエット効果 ・便秘改善効果 ・生活習慣病の予防

続きを読む

青汁を効果的に飲むタイミング

青汁は、薬のように飲むルールみたいなものはありません。 起床後の水分補給として飲んだり、食事時に飲んだり、就寝前に飲んだりと自分の好きなタイミングで飲んで構わないんです。 でも、青汁は、飲む目的ごとに、飲むタイミングを変えることで、その効果を最大限に引き出すことができるのです。 ダイエットが目的で青汁を飲む人は、食事の30分前に青汁を飲むことをおすすめします。 食前の空腹時

続きを読む

野菜不足の解消

青汁を飲むことで期待できる一番わかりやすい効果は野菜不足の解消です。 厚生労働省が掲げている1日の野菜摂取量の目標値は「350g以上」。 でも、毎日、野菜を350gもとるのはなかなか大変なことです。 350gの野菜を例にすると ほうれん草なら約1束。 大根なら約1/3/本。 キュウリなら約3本。 カボチャなら約1/3/個。 トマトなら3個。 さすがに毎日これだ

続きを読む

ハニーズバーの冬季限定商品「はにぃ~GREEN」

JR東日本の駅構内でよく見かけるジューススタンド「ハニーズバー」。 ハニーズバーは、名前の通り「はちみつ」をメインにフルーツ、野菜、ミルク、ヨーグルトなどを使ったフレッシュなジュースを販売しています。 そんな、ハニーズバーが冬季限定商品として「はにぃ~GREEN」を今日(2017年12月1日)から発売しています。 キューサイのケール青汁を使用しているので、その栄養素は安心できるも

続きを読む