青汁を効果的に飲むタイミング

青汁は、薬のように飲むルールみたいなものはありません。 起床後の水分補給として飲んだり、食事時に飲んだり、就寝前に飲んだりと自分の好きなタイミングで飲んで構わないんです。 でも、青汁は、飲む目的ごとに、飲むタイミングを変えることで、その効果を最大限に引き出すことができるのです。 ダイエットが目的で青汁を飲む人は、食事の30分前に青汁を飲むことをおすすめします。 食前の空腹時

続きを読む

野菜不足の解消

青汁を飲むことで期待できる一番わかりやすい効果は野菜不足の解消です。 厚生労働省が掲げている1日の野菜摂取量の目標値は「350g以上」。 でも、毎日、野菜を350gもとるのはなかなか大変なことです。 350gの野菜を例にすると ほうれん草なら約1束。 大根なら約1/3/本。 キュウリなら約3本。 カボチャなら約1/3/個。 トマトなら3個。 さすがに毎日これだ

続きを読む

ハニーズバーの冬季限定商品「はにぃ~GREEN」

JR東日本の駅構内でよく見かけるジューススタンド「ハニーズバー」。 ハニーズバーは、名前の通り「はちみつ」をメインにフルーツ、野菜、ミルク、ヨーグルトなどを使ったフレッシュなジュースを販売しています。 そんな、ハニーズバーが冬季限定商品として「はにぃ~GREEN」を今日(2017年12月1日)から発売しています。 キューサイのケール青汁を使用しているので、その栄養素は安心できるも

続きを読む

『エル カフェ(ELLE cafe)』が青汁を2017年11月15日に発売します。

女性に人気の『エル カフェ(ELLE cafe)』が青汁を2017年11月15日に発売します。 商品名は、「ELLE cafe Ayur AOJIRU」。 『エル カフェ(ELLE cafe)』が発売する、青汁「ELLE cafe Ayur AOJIRU」は、インドの予防医学「アーユルベーダ」の考えに基づいたアムラ、ゴツコラなどの食材やスーパーフードなどの53種の食材に、乳酸菌

続きを読む

明日葉

『明日葉』は、日本原産のセリ科の多年草です。 『明日葉』(あしたば)は、 「今日摘んでも、明日にはまた新しい芽が出るほど成長が早い」 という特徴から、「明日葉」の名前がついたと言われています。 昔から生命力の強い植物として知られていて、滋養強壮や健康維持に良い薬草として扱われ漢方薬や青汁の原料として利用されることが多い 『明日葉』の特徴 食材として利用するには、その苦味

続きを読む

ケール

少し前までは、青汁といえば『ケール』を主原料にしたものが大半でした。 世の中の人が青汁にもつイメージ「青臭さ」や「苦味」はケールによるものが大きいと思います。 最近は、飲みやすさを意識して『大麦若葉』や『明日葉』を主原料とした青汁多くなってきていますが、「野菜の王様」と呼ばれる『ケール』もその栄養素はとても有効なものです。 『ケール』の特徴 『ケール』は、アブラナ科 アブラナ属のヨーロッパ

続きを読む

青汁の主成分『大麦若葉』とは

『大麦若葉』は、大麦(イネ科)に穂が実る前、20~30cmに育った早い時期に収穫した若葉のことを言います。 この若葉の栄養価の高さから、青汁の材料として使用されるようになりました。 『大麦若葉』の特徴 『大麦若葉』の特徴は、葉野菜によくある青臭さや苦味が比較的少ないこと。 『大麦若葉』を主原料としている青汁は、『ケール』のような青臭さや苦味が少ないため「抹茶」のように飲みやすいというの

続きを読む

青汁の原料

青汁に使われる原料は、商品によって異なります。 青汁を飲んで期待できる効果・効能は、その原材料によって変わってくるんです。 青汁を選ぶときには、その原料に関する知識が不可欠。 青汁でよく使われている原料には、 ・大麦若葉 ・ケール ・明日葉 ・クマザサ ・よもぎ があります。 その商品の特色によって、他にもさまざまな原材料を使用していますが、ここではこの

続きを読む